塾と予備校にはどんな違いがある?

塾か予備校のどちらに行くか迷っている方も多いかもしれませんが、それぞれにはどんな違いがあるのでしょうか?

塾は小学生から高校生までが対象になっていて、学校と同じように授業形式で1クラスの人数は大人数でも予備校よりは少ない傾向があり、個別指導塾だとさらに少人数制で指導してもらえるでしょう。

塾によって多少は異なりますが、基本的に講師は社員だけでなく学生のバイトが多くて距離が近いため進路相談もしやすいでしょう。

予備校は高校生や高校生以上が対象になっていて、講師は指導のプロが大学のように講義という形式で指導していて、1クラスの人数は多い傾向ががあるため講師との距離は遠く、進路の相談はしにくいと感じるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る