家庭教師と塾の違い

家庭教師と塾それぞれに合う子と合わない子がいます。
自分の子供が、もしくは自分が家庭教師と塾はどちらが合うのだろうといったお悩みは意外に多いのです。
その悩みを解消する為にはまず家庭教師と塾の違い、またそれぞれの特徴をしっかり理解する必要があります。

塾は大人数のお子様に1人の先生が付く集団塾、数人のお子様に1人の先生が付く個別指導塾の2種類に分けられます。
集団塾はもう学校の授業が理解出来ている子が、積極的に質問出来る子などが合うでしょう。
個別指導塾は基本各自で自習をし、分からない事があったら先生に聞くという形式が殆どなので、自分で学習をする力から付ける事が出来ます。
自分のペースで勉強ができたり、先生を呼ぶのが恥ずかしいと感じてしまう子には向かないかもしれません。

一方で家庭教師は1対1で教えてくれるので、前の学年で分からない所があるからそこから教えて欲しい子、自分のレベルやペースに合わせて教えて欲しい子に合っています。
また自分から質問が出来なかったり何が苦手なのか分からないという場合でも、先生がすぐにその子の苦手な部分を見つけてくれるので、そうした子も合っていると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る