成績をあげる1日の勉強プランとは

1日の勉強プランについて、プランを立てるのがそもそも苦手な方や、効率の良い方法を探している方も多いかもしれませんが、今回は成績を上げられる時間の使い方について紹介いたします。

受験生は、起きている間はずっと勉強するという意識が必要であり、何もしない時間をなくしたり、睡眠時間を削らないということが大切です。

例として復習や暗記、勉強の確認は、空いている時間で1日12時間も勉強に使うことができますし、友達との語らいや部活も大切ですが、時は金なりということわざがある通り、起きている時間を無駄にしないことが大事ですよ。

睡眠時間を削るのはただのバカであり、疲れた場合は仮眠やシャワー、顔を洗うなどしてリフレッシュしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る