古文の戦略

古文と前提として思っておいて欲しいのはこれは外国語であるということです。外国語ですので、英語の勉強がそのまま流用できるということです。
英語構成要素に分解すると単語、熟語、文法、速読、和訳、英作文、リスニングとおっしゃっていったようです。
古文の場合には熟語、英作文、リスリングがない代わりに古文常識があります。

単語の場合にはゴロ565がおすsめということですが、どうしてもなじまない場合ではフォーミュラ600でも良いとのコトです。文法については活用表の丸暗記ということです。

速読、和訳については古文上達を使用しておくことがおすすめということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る