成績が伸びる人と伸びない人の違いとは

成績が伸びる人と伸びない人の違いが何なのか、それを知り実行することで成績アップにつながりますよ。

その差というのは、勉強量が圧倒的・決定的に違うということで、何の勉強するかや、才能のあるなしは関係がありません。

才能がなくても勉強量によって成績は伸ばすことができ、みんなが教科書をやっていたとしても、伸びている人は勉強量が尋常ではなく、とにかく勉強しているのです。

伸びない人は何かと言い訳をして、とにかく勉強してない、または勉強していても量が少なすぎます。

成績をアップさせるには本気が大切で、伸びる人というのは目つきや睡眠時間、強迫観念が伸びない人とは違っていますし、本気の人ほど勉強量が変わるのです。

本気にならないと結果が変わりませんし、勉強はすればするほど成績が上がるので、無駄な努力も時には必要ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る