英語の過去問への取り組み方

英語の過去問題の取り組み方は、英語を勉強する人が過去問に取りかかろうとした時に必ずといっていいほど悩むと言われています。

まず最初に時間を計って解いてみるのが大切で、問題に対して自分がどういう傾向の問題にどの程度時間をかけて解いているのかが把握できます。
また問題の傾向も把握することが出来ますので、最初にこれをやっておくことで今後の学習計画も立てやすくなるのです。

問題を解いていくと必ず解けないものが出てくると思いますが、そういったものに対してまずは原因を考えてみてください。
文法が解けないのか長文問題が解けていないのか、自分がどの傾向の問題が解けていないのかをしっかり理解できれば、その後の学習の進め方も自ずと見えてくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る